お手入れとメンテナンス

家具の見た目を保つヒント

毎日の使用において、家具は体から出る油や汗、一般的な摩損および衣類からの色移りなどの外的要因によって引き起こされる様々な負担にさらされます。

ご注意

• 他の天然素材と同様、皮革は長期間にわたり直射日光を浴びると退色する可能性があります。より自然な皮革の1つであるノブレスは、特に日光の影響を受けやすい素材です。したがって、退色を最小限に抑えるため、直射日光の当たる場所に置かないでください。

• 皮革の表面特性を保つため、家具と熱源の距離は少なくとも30㎝とってください。

• 皮革は動物に対する耐性がありません。皮革を使用した家具の上にペットを乗せないでください。ペットの爪で皮革についた傷は、高額な修理になる可能性があります。ペットの唾液は酸性で、皮革の仕上げを損傷することがあります。

• 落ちにくい染みを避けるため、家庭用化学薬品(例:窓用クリーナー、漂白剤およびマニキュア、除光液、糊、靴クリーム、塗料、腐食性物質といった(大半の)家庭用洗剤)を使用する際は、皮革を保護してください。皮革の表面を損傷することがあるため、家庭用洗剤および溶剤やオイルを含む全製品を避けてください。頑固な汚れを取り除くために従来の家庭用品を使用しないでください。これらの大半は刺激が強く、皮革への使用に関して安全を保証できません。皮革の掃除にスチームクリーナーを使用しないでください。

• 特定の化粧品及びボディケア用品には溶剤やオイルが含まれています。経年的に皮革の仕上げを弱めることがあるため、これらの製品は皮革にとって有益ではありません。髪が濡れた状態やヘアケア用品または化粧品を塗布したばかりの状態で、皮革を使用した家具を使用しないでください。これらの製品の堆積を防ぐため、記載の通り定期的に掃除してください。

皮革染料によってはツートンカラー効果があります(シャドー/アンティーク効果)。ツートンカラー効果のある染料を使用した皮革は1色のみの皮革より速く特徴を変え、さらに不均一に薄くなることがある点に留意する必要があります。これは特に、アームレスト、シートクッションおよびネックサポートといったより強い摩耗にさらされる家具の部分にあてはまります。

• 最上層は皮革を保護し掃除を簡単にしますが、汚れや摩耗には弱いです。最上層/トップカラーが損傷すると、皮革の劣化が早まります。こぼれたものの浸透/損傷/かすり傷は通常、修理が不可能で、トップカラーの性質変化やひび割れ、剥離の原因となることがあります。

• デニムやダンガリージーンズのような厚手の布地は皮革を強い摩擦にさらし、皮革に色移りすることがあります。この場合、皮革のトップカラーを損傷することなく移った色を除去するのは困難です。特に、淡い色の皮革はこのような色汚れに弱いです。

メンテナンスのアドバイス:

• 1週間に1回、清潔な乾いた布か柔らかいブラシを付けた掃除機でやさしく皮革をぬぐい、表面の見た目と風合いを保ってください。これにより塵を取り除きます。

• 皮革を使用した家具は少なくとも6ヶ月に1回、クリーニングおよび再保護することをおすすめします。


ストレスレス レザークリーナー
ストレスレス レザークリーナーは刺激の少ない水性クリーナーで、ピュアアニリンやピグメントレザーのすべてに使用できます。これは土や大半の水性の染みを取り除きます。


ストレスレス レザープロテクション
ストレスレス レザープロテクションはヌバックとスエードを除くすべての皮革に対応する水性保護製品です。ストレスレス レザープロテクションは、オイルや水、アルコールの染みの他、日常のほこりや汚れから保護します。また、この製品は皮革を美しく柔らかい状態に保ちます。ストレスレス レザークリーナーと併せて定期的に使用すると、ピグメントレザーのひび割れを防ぎます。


皮革を使用した家具のメンテナンスにストレスレス® レザーケア以外の製品を使用した場合、エコーネスは一切の責任を負いません。