よりよいものを作る

しなやかなレザーと心地よいファブリックの下には、本物の工学の神髄があります。スプリングの多面的なセットから座る人の身体に合わせる発泡体まで、ストレスレス家具に含まれるそれぞれの観点が入念に組み合わさり、比類ない座り心地へと導きます。心地よさと動作の科学を理解することで、革新的精神と世界で最も快適で独自の家具をデザインしたいという熱望が加速されました。

堅い欧州産ブナ材で作られた芯部にはじまり、木工職人は洗練された曲線と独特な回転台のある頑丈なベースを製作します。木材は完全に着色され、その後欠陥を除くため検査されます。

この丈夫なベースの上に、スプリングや発泡体、全体の構造を支える一続きの鋼棒といったシステム全体があります。スプリングの複雑な調整はプラス™システムの非常に柔軟な腰部のスプリングが行い、このスプリングがもたれた状態で最適なサポートをするために背中や首、頭を抱きかかえるように支えます。単一の鋼棒のベースは、独自の曲げ加工によって製造されます。この工程はより困難ですが、これにより製品がより耐久性を増します。

次に、できる限り最もやわらかく心地よい座席を製造するため、発泡体を載せます。当社のコンフォートゾーン™発泡体は、同一の空洞部分を確保する穴のあいた鋼ベースの上で直接型に入れて製造されます。この整合性が発泡体の通気を確保し、長持ちするクッションを保証します。座席が保護され完全な機能性を発揮するよう、さらに2層の発泡体がこの上に作られます。

トップグレインレザーは、色の一致、耐久性、弾力性を十分に検査されます。 世界で最も優れた皮なめし工場から集められたこれらの皮革はその後切断され、発泡体の上に張られ、自社の裁縫師によって縫製されます。

ロボットが家具の各部品を専門的に組み立てた後、各部は手作業で組み立てられます。この工程では最高品質の製品であることを保証するため、十分な検査が行われます。世界で最も高性能で心地よい家具を製造するには、さらなる献身が要求されます。

工場からお客様のご自宅まで、これらの製品は当社の最新のチェアがお客様のお気に入りのチェアになることを確信した、優れた工学で開発されます。